オーダーカーテン

オーダーカーテン  縦型ブラインド

標準カーテン    縦型ブラインド

シェード

ローマンシェード



オーダーカーテンの魅力

既製品のカーテンを買ったはよいけれど、微妙に窓のサイズに合っていない。
お店ではお気に入りだったのに、実際にお部屋に吊ってみるとインテリアと合わない……。そんな経験ありませんか?

昔は建具やサッシの寸法規格が既成サイズとして定型、定寸の物が使用されるケースが多かったのですが、近年の建築では窓の形やサイズなどの多様化が進み、窓そのものがオーダーメイドというのが当たり前の時代になっています。したがって、窓の大きさは物件毎に違うので、既成サイズのカーテンを購入しても窓に合わないことが多いのです。

また、オーダーカーテンというものは、単に別注寸法のカーテン(オーダーサイズカーテン)ということではありません。
ある程度限定的なサイズの範囲内で幅と丈の寸法のみを選択して注文できるものはイージーオーダーまたはセミオーダーと呼ばれ、いわば半既製品であり、オーダーカーテンとは別物です。

オーダーカーテンは、サイズは勿論、スタイル、縫製仕様などすべて自由になるものを指します。

お部屋のコーディネートにおいて、広い面積をしめるカーテンは重要なアイテムの一つです。そんなカーテンだからこそ、インテリアの一つとして、サイズは勿論、お部屋にぴったりの1枚を用意したいもの。

そんな方におすすめなのが、好みを自由に反映できるオーダーカーテンです。

オーダーカーテンなら、出窓、掃き出し窓、光窓など、どんな形・大きさの窓にもジャストサイズで作ることができます。
多少の修正が可能なアジャスター機能付の物や、セミオーダー、イージーオーダーと呼ばれる一定のサイズの範囲内でサイズ加工可能な物だとしても所詮「既製品」では対応に限界があります。オーダーならどのような窓であってもカーテンの巾や丈をぴったりと合わせるだけでなく、お好きなスタイルに美しく演出することができます。

モ ダン、ナチュラル、エレガントなど、お部屋のインテリアや作り出したい空間イメージに合わせて、さまざまなコーディネートを楽しむことができるのも、オー ダーカーテンの魅力。
色・柄の豊富さはもちろん、ヒダの取り方、ヘッドスタイル、トリムをつけたり、タッセルに凝ってみたりと、さまざまなスタイルを組み合わせることで、より個性的な空間を作り出すことができるのです。

勿論、既製品にも色柄のバリエーションはありますが、オーダー用の生地にくらべてその種類は極めて少なく限定的なものになってしまいます。

既製品は同じ生地を大量生産し、全て同じサイズに加工することによりコストを安く出来るのですが、大量に生産されるということは大量に売らなければなららい訳ですから、必然的に低価格の商品である必要性があります。

つまり、既製品の宿命として高級な生地を使用したり、贅沢で豪華な縫製仕上げは絶対にできないのです。
要するに既製品は価格は安いが、所詮それなりの品質レベルだと言うことです。
同じ部屋に既成カーテンとオーダーカーテンを掛けて比べるとその違いは歴然です。

オーダーカーテンは既製品に比べて確かに価格が高くなりますが、ご自信の思いのままに出来上がるのですら、確実にご満足頂けるものになります。

「ウォッシャブル」「消臭」「遮光」「マイナスイオン効果」など、快適機能が充実しているのもオーダーカーテンです。
万一カーテンが伸びたり縮んでしまっても、数cmの範囲ならサイズ修正を依頼することもできますし、あとから追加で別の窓に同じ生地のカーテンを作り足すことも可能です。

弊社がおすすめする主なオーダーカーテンメーカー

主要メーカーホームページ
「東リ」 http://www.toli.co.jp/
「リリカラ」 http://www.lilycolor.co.jp/
「サンゲツ」 http://www.sangetsu.co.jp/
「五洋インテックス」 http://www.goyointex.co.jp/

  • 商品はメーカーWEBカタログにてご参照下さい。

オーダーカーテンの選び方
インテリアの雰囲気をがらっと変えるカーテン。
広い面積を占めるだけに、その役割は大切です。
でも、意外に「インテリアにぴったりのカーテンの選び方」って知らないですよね。
ここではその選び方をチェックしておきましょう。

詳しくはこちら

オーダーカーテンの採寸方法(測り方)

オーダーカーテンの基本はサイズをしっかり測ることが大切です。

カーテンは単なるおしゃれではありません。暮らしを守るさまざまな機能性を持った「道具」でもあるのです。カーテン選びには、どんな機能のあるカーテンか、ということを考えるのも忘れないで。

せっかく選んだカーテンが、丈が長すぎて床にすったりしては美しさも台なし。サイズをしっかり測りましょう。窓のサイズと言っても、カーテンはレールの長さと高さで考えます。カーテンレールは窓よりも少し長めにしておくと、保温性も高くなり、カーテンが大きく開くので解放感の高い窓辺が作れます。その高さも、窓の上ぎりぎりと決まったわけではありません。天井近くから吊り降ろすと、広いリビングルームのスペース感を生かすことができ、より豪華な感じになるでしょう。

オーダーカーテン採寸について詳細はこちら

(図解でわかり易く説明してます)

オーダーカーテンの測り方

オーダーカーテンのスタイル