オーダーカーテンの採寸方法(測り方)

●標準的なドレープカーテンの場合は、次のように採寸しましょう。
※あくまでもカーテンレールに吊る一般的な左右開閉式のカーテン(普通のカーテン)の採寸法です。カーテンレールに吊るのではなく本体を壁や天井、窓枠などに直接取り付けるタイプのシェードやブラインド、ロールスクリーンなどは別の採寸法になります

■カーテンの採寸は「カーテンレール」を基本とします。

一般的にカーテンは、窓に掛ける物ですが、正確には「窓に掛ける」のではなく、窓の上部に付いている「カーテンレール」(厳密にはカーテンレールのランナー金具)に掛ける訳ですから、サイズを測る際にはカーテンレールを基準にして、美しく、機能的に仕上がるように「幅」「高さ」を採寸します。

  • カーテンレールが無い場合・・・
    ※新築などでまだカーテンレールが付いていない場合は、採寸の基準となる物が無いので、正しい採寸が出来ません。

先ずは、カーテンレールを取り付ける事が必要です。

(窓枠やサッシのサイズを測ってもダメです。カーテンのご予算的な見積りなどの際に、おおよその目安にはなりますが、そのサイズでカーテンを発注依頼することは出来ません。肝心のレールがどの位置に取り付くのか、どのようなタイプのレールなのか、などが確定しない限り、正しいサイズを測ることが出来ませんので、サイズのぴったり合った綺麗な仕上がりのカーテンは作れないのです。)

カーテンレールの測り方、取り付け方は⇒ こちら

「幅」の測り方

普通のレールの場合          装飾レールの場合
(レールの両端の幅)       (装飾キャップの内側)  

 

カーテンレールの長さを測ります。レールの両端の飾り部分などは抜きで、実際にレールのランナーの稼動範囲(カーテンが行き来する長さ)を測ること。その長さを約1.05倍すると、ちょうど良いゆとりのある仕上がり寸法になります。
※1.05倍という数値はあくまでも目安であり、1.03でも1.07でもさほど問題はありません。ただし、実測サイズのままでギリギリ一杯のサイズだと、カーテンを閉めた際に若干の隙間が目立つ場合もあるので、カーテンの「幅」に関しては多少のゆとりを持たせた方が良いとされています。その目安がカーテンの実測幅に対しておよそ5%程度のゆとりを加えるのが適当とされています。

「高さ」(丈)の測り方

カーテンレールの金具(ランナー)の下端から、掃き出し窓の場合は床まで、腰高窓の場合は窓枠下側までの長さに約15〜20程度(お好みで)加えて長さを測ります。お好みの長さで良いのですが、掃き出し窓の場合、ドレープカーテンなら測った実寸よりも1短く、2重吊りの場合のレースは2短く、といったあたりが丁度良いとされています。
また、同じ窓でも(厚地の)ドレープカーテンのレールとレースカーテンのレールの位置やタイプが違う場合、其々のレールの位置(高さ)が違うので、レール毎に個々に「高さ」を測る必要があります。

但し、特殊なカーテンスタイルの場合、例えばハトメタイプではカーテンはレールより上に出ますし、ループボタンではループの長さ分、レールより下がります。また、取り付けがカーテンレールではなく別の器具になるロールスクリーンやローマンシェード、特殊な専用レールのパネルカーテンなど、スタイルに応じて採寸の方法も変わります。

オーダーカーテンではサイズを測ったら、カーテンの開き方(両開き、片開き)とフックのタイプを選びます。

カーテンのフックのタイプと開き方