遊牧民絨毯遊牧民絨毯の詳細

【ギャッベと遊牧民の絨毯】

南ペルシアのトルコ系遊牧民ガシュガーイー族がつくる童画のような、あるいは現代染織アートのような絨毯、ギャッベ(ギャベ)。ガシュガーイー族は、ギャッベ絨毯のほかにもキリムやジャージム、スーマクなど、いろいろな平織りの敷物も織っています。またイランの南東部と北東部にはイラン系の遊牧民バルーチ族が絨毯やキリム、スーマクを織っています。

ギャッベ(Gabbeh)とは

イラン高原の西側を背骨のように南北に連なるザーグロス山脈。この南ザーグロス山脈一帯を生計の舞台とする南ペルシアの遊牧民、ロル族、バフティヤーリー族、ガシュガーイー族、そしてハムセ連合などによってつくられているユニークな絨毯があります。それがギャッベ絨毯です。ギャッベとは、ペルシア語のファールス地方の言葉で、「長い毛足をもつ絨毯の一種」のことを指し、古くは16世紀の文献にも記されています。この絨毯が世界に知られるようになったのは、比較的最近で、1970年代になってからのことです。ギャッベの、ペルシア絨毯とは一味もふた味も違ったデザインは、「アートそのもの」といった評価を得て、欧米で大ブレークしました。

ギャッベの魅力

まず、見た目の魅力。モダン・アートの染織芸術品と見紛う、シンプルで、強烈なインパクトのあるデザインは、ギャッベならではのものです。素朴で、原初の香り高いデザインは、懐かしさと微笑ましさをもたらしてくれます。また、通常なら欠陥品とみなされる染めムラや織りムラは、遊牧民絨毯特有の大きな魅力で、ギャッベも、その人間の手づくりらしい味わいを引き継いでいます。ギャッベの色あいは陽気な明るさを持ちあわせながら、合成染料のようなどぎつさのない自然な草木染めです。そして、手織りであることはもちろん、ウール100%、糸は手紡ぎ、染色も天然染料にこだわったエコロジカルな絨毯ということで、広く世界中に受け入れられるようになりました。

1.紡ぐ  spinning

ギャッベ(ギャベ)の故郷は、南ザーグロス山系一帯です。夏は涼しい山の中腹でテントを張った夏営地を拠点に羊に草をはませ、冬は山を下りて暖かい場所に移動するという移牧生活の中でギャッベの絨毯は織られています。ギャッベの絨毯づくりは、まず、この大自然の中で羊を育てることから始まります。自分たちが飼っている羊の毛を刈取り、絨毯の原料となるウールの糸に紡いでいきます。carding梳く(すく)―spinning紡ぐ(つむぐ)―plying撚る(よる)、この作業で毛糸が完成されます。刈り取った原毛は、まず繊維をほぐすために、手か櫛のような毛すき道具を使って梳かれます。そして紡錘(つむ)を使って手で紡いでいきます。紡錘は紡錘車とも呼ばれ、先が細くなった木製か鉄製の棒と弾み車という2対の翼のようなものからなっています。これを回転させながら地面につくまでの間に羊毛繊維をねじり引き伸ばすことによって糸にします。紡がれた糸は次に撚られて強度をつけます。一人の女性が紡ぐ標準的な量は、一日に約150グラムといわれています。紡ぎ終えた羊毛すなわち毛糸は、次にさまざまな色に染められます。染めの工程は複雑で、技術と経験を要する作業となります。かつてはそれぞれの遊牧テントで染められていましたが、需要の増加と安定した品質の商品供給から、いまでは染め工場でまとめて染色が行われるようになりました。各家族から集められた毛糸は、工場で選別され等級に分けて保管されます。

2.染める  dyeing

遊牧民が紡いだ糸は集荷され、町の染め工場で染色されるのが一般となっている。この写真は、撮影のため特別に実演していただいたもの。
染め工場では、大きな電熱容器を用いて染色が行われます。設備は近代的になりましたが、使用される染料は地元で採取された野生植物が中心で、幾世代も受け継がれてきた職人の経験と勘がギャッベ独特の色出しの決め手です。まず容器に水が張られ、温度をあげてから近くの山で採掘された鉱物を砕いて投入します。こうして天然の酸でウールが染まり易いように下準備をしてから、さまざまな天然染料を用いて染色が行われます。温度、染色時間、染料の分量、微妙なコントロールはすべて染色責任者の経験と判断に委ねられています。ギャッベ特有の力強く明朗なトルコ石グリーンは、前もってインジゴでしっかりブルーに染められた羊毛を近くの山で採取された潅木からとれる黄色の染料でたっぷり一昼夜染めて仕上げられます。濃密で鮮やかな赤は、茜といろんな染料をミックスして二度染めすることによって生まれます。あの深いチョコレート・ブラウンはウォールナットの外皮から、ゴールドがかった黄は、ザクロの皮から、暖かい赤みがかったブラウンは茜とウォールナットの絶妙な配合らよって生みだされます。染められた毛糸は十分にすすぎ洗いされ、日干しされた後、再び遊牧テントへと送り返されます。

3.織る  weaving

遊牧民が使用する織り機は、都市や村でみかける直立した竪機(たてばた)とは異なり、地機あるいは水平機と呼ばれる地面に設置されるタイプのものです。本来は木でつくられているものですが、今では歪みが少なく、運搬もトラックが利用されるようになったことなどから、スティール・パイプが枠組みに使用されることが多くなってきました。この織り機に、まず経糸(たていと)が張られます。絨毯の経糸には、木綿糸や絹糸が使われることもありますが、ギャッベは昔ながらにウールの糸が使用されています。この経糸に最初、緯糸(よこいと)が通され、織り組織をつくっていきます。この平織り部分はキリム部と呼ばれ、絨毯の始めと終わりに少しだけあらわれます。そのあと絨毯特有のパイル部分が織られていきます。絨毯の織り方には大きく2通りあり、左右対称結び(トルコ結び、あるいはギオルデス結び)と左右非対称結び(ペルシア結び、あるいはセンネ結び)で、ガシュガーイー族が織るギャッベは、左右対称結びとなっています。1本の色糸を絡ませ、ナイフで切り、ひとつの結び(knotノット)をつくります。文様の変わり目で違う色糸を絡ませます。この結びが横一列分仕上がると櫛のような緯打具で打ち固めます。続いて緯糸を通し、再び打ち固めます。これでパイル部が一列だけ仕上がったことになります。この作業 (knotting and weaving)を繰り返すことが織りの主要な工程で、1枚の絨毯が織りあがるには何ヵ月もの時間がかかります。終わりのキリム部を仕上ると、織り機から絨毯を両端の経糸を残して切り離します。端の経糸部分は編んで房に仕上げ、緯糸が解けてこないようにして絨毯はできあがります。

4.仕上げる  finishing

織りあがった絨毯は、集積センターに集められます。ここで検品と洗浄、仕上げが行われます。絨毯はまず採寸され、瑕疵がないかチェックされて品質基準に達しないものははねられます。ここで絨毯には固有の番号がふりあてられ、誰がいつ織ったかが登録され、どこの誰に売られたかもいずれ記録されることになります。チェックが済むと、洗浄と仕上げの工程にまわされます。まず、大きな機械で数ヶ月の織りの過程で蓄積したほこりやゴミを除去するために、はたかれます。次にガスの炎で余分な繊維を焼き去ります。硬いブラシで焼けこげなどが取り除かれた後、洗浄の工程へと移されます。洗浄は、傾斜のついた床の上に絨毯を置き、洗剤は使わず石けんのみで、男たちが鋤のような道具を振りかざし海兵隊さながらに威勢よく汚れをコスリ出し、大量の水で洗い流していきます。洗われてぐしょぐしょになった絨毯は、大きな高速回転の乾燥装置で一気に水を飛ばしてしまい、天日で自然乾燥させます。通常だと水分が放置されると羊毛を傷めることになりますが、イランの乾燥した大気の中だからこそできる洗浄方法なのです。乾燥の途中で再度採寸され、異常な伸縮による歪みをチェックして、熟練した職人が矯正しながら乾燥を続けます。最終的に40度の温度を保つヒーターとファンの設置された空間で乾燥を終了させます。最後に、ギャッベのパイルの厚み1.5cmとなるよう毛羽の刈り込み(shearingシアリング)を行います。織りの段階でもはさみなどによる毛羽の刈り込みは幾度も行われますが、最終仕上げのここで刈り込みをしくじれば、これまでの労力はすべて水泡に帰すという非常に重要な作業です。このほか必要に応じて補修をおこなうこともありますし、房のトリミングなどの細かい作業を経てギャッベは完成されます。

【南ペルシア遊牧民】

イラン全土の遊牧民は1988年調査で、96の部族(tribe)、547の氏族(clan)、約115万人の人口でした。1991年調査による居住地不定者は約36万人で、調査基準は異なりますが、遊牧人口は減少の一途を辿っているようです。南ペルシアのギャッベと関係のある遊牧民は、ロル族、バフティヤーリー族、ガシュガーイー族、ハムセ連合などです。現在、ギャッベ絨毯のほとんどは、ガシュガーイー族によって織られています。また、これらの遊牧民は、ギャッベ(ギャベ)のほかにキリムやさまざまな平織りの敷物もつくっています。
 

●ロル族

ロレスターン地方を中心に南ザーグロス山系一帯に居住する、半遊牧および定住民族です。民族の起源は諸説があり、一説には7世紀アラブ侵入後しばらくしてこの地に移動してきたクルド族に由来するといわれています。ペルシア語方言のロル語を話し、古くはロレ・ボゾルグ(大ロル)とロレ・クーチェク(小ロル)にわかれ、大ロル族はさらにバフティヤーリー族、ボイェル・アフマド族、ママサニー族など多くの支族にわかれています。
 
●バフティヤーリー族

バフティヤーリーは、ロル族の中の比較的大きな支族ですが、エスファハーン州とフーゼスターン州の間にあるチャハール・マハール&バフティヤーリー地方に居住し、チャハール・マハール谷を中心とするこの地域でつくられる絨毯の代名詞ともなっています。ハフト・ラングとチャハール・ラングの2 つのセクションにわかれ、さらにハフト・ラングに属するドゥラーキーのような支族にわかれています。
 

●ハムセ連合

ハムセとは、アラビア語で「5つ一緒に」の意で、アラブ系のアラブ、アラブ系でペルシア語を話すバーセリー(あるいはバッセリー)、トルコ系のアーイーネルー、バハールルー、トルコ系とロル系の混合であるナファルの5つの部族連合体です。19世紀半ば、ガージャール朝のファールス州総督だったガヴァーム一族が、当時ガージャール朝に抵抗姿勢を示していたガシュガーイー族の連合体に対抗するためシャーや英国の要請により結成したものです。
 

●ガシュガーイ族

ガシュガーイーは、アゼルバイジャン語に近いトルコ語方言を話すトルコ系遊牧民です。彼らは13世紀モンゴルの襲来を避けるため北方からファールス地方へと逃れてきたセルジュークの生き残りだといわれています。ガシュガーイーという言葉の由来は諸説あり、トルコ語の動詞「カチュマク=逃げる」からきているとも、シャー・アッバースによってファールス地方の部族の管理を委託されたジャーニー・アガー・ガシュガーイーの名に由来するともいわれています。
 

●ガシュガーイ族の支族

● カシュクーリー
大きくはカシュクーリー・ボゾルグとカシュクーリー・クーチェクにわかれ、約60のグループがある。
絨毯づくりにおいては重要な位置を占め、良質の絨毯をつくることで知られる。
● シェシュボルーキー
ガシュガーイーの中では最も多く絨毯をつくる支族。6つ(シェシュ)の地区(ボルーク)から来たことより、この名がある。20の大きなグループと20の小さなグループにわかれる。
● アマレ
アマレとは働く人を指し、古くから族長一族、またその親衛部隊の氏族として知られる。約50のグループにわかれ、良質のガシュガーイー絨毯、ギャッベ、キリムをつくる。
● ダッレシューリー
ダッリシューリーのダッレは谷、シュールは塩で「塩の谷」を意味する。約40のグループにわかれ、つくる染織品はギャッベやキリムが中心。
● サフィーハーニー
ロレスターンから移動してきた支族といわれ、その起源は不明である。良質のガシュガーイー絨毯をつくることで知られる。
● ラヒームルー(ラヒーミー)
部族として独立していないが、サフィーハーニーの中に混在している。絨毯はつくっているが、あまり良質とはいえないようである。
● エグダール
かつてオグズ族の中の23あった支族のひとつといわれる。古くから族長のための絨毯をつくる支族として知られており、アマレ族の1セクトとして扱われることもある。
● チャガニー
2つのグループからなるが、部族として独立しているとは言い難い。アマレ族の中に紛れ込み、夏営地・冬営地ともにアマレ族と一緒に移動する。
 
【ペルシャ遊牧民の生活】

● 遊牧の習慣

ガシュガーイー族は、夏はザーグロス山麓の涼しい牧草地帯の夏営地(イェイーラーグ)で、冬はペルシア湾に近い暖かい平地の冬営地(ガシュラーグ) や麓の村で生活を送ります。今でこそ首都といえば定まった所にあるものですが、昔の遊牧民の国家では、夏は涼しいところに夏の都を置き、冬は暖かい土地に冬の都を設けることがしばしばありました。適宜過ごしやすい場所に身を置くことは極めて理にかなった行為です。昔はなかった国境が定められ、政府は定住化を促進し、遊牧民も決して楽とは言えない遊牧生活を敬遠しがちという近年、遊牧の習慣はますます減少の一途をたどっています 。

● 移動

夏営地から冬営地へ、また冬営地から夏営地へ。その移動ルートは氏族やグループによってさまざまです。わずか十数キロを移動するだけのグループもあれば、一千キロにも及ぶ距離を移動するグループもあります。あるグループは、800kmを約45日間かけて移動します。400kmの距離を1ヵ月近くかけて移動するグループもあります。遊牧民が移動するための運搬手段としては、昔から駱駝(ラクダ)、驢馬(ロバ)、馬などが用いられてきました。近年になって重い家財はトラックや自動車を利用して運ぶようになりましたが、あとは家族と家畜、家財道具が一団となっての、もっぱら足と蹄の大移動です。

● 羊(ヒツジ)と山羊(ヤギ)

遊牧民が連れて移動する家畜の群れの中には、白い羊に混じって山羊がよく見かけられます。グループによっては、山羊を中心に飼育することもあります。毎年同じルートを移動し、同じ場所で野営する遊牧民は、餌の関係があるため全体の家畜の数はあまり変化しないようにコントロールしています。そのため、オスや年取った家畜を町や村で処分しています。羊は、羊毛をとり、山羊は、乳製品が中心です。山羊は羊に比べて3倍以上のミルクを確保できます。羊は寒さに強くて暑さに弱い。山羊は寒さに弱いが険しい山道も平気。それぞれの特性と羊毛・乳製品・肉の相場のバランスによって羊と山羊の比率が決まります。

● 遊牧民の食事

遊牧民の食事は、ナーンと乳製品が中心です。ナーンは無発酵パンの一種で、小麦粉に塩と水を入れて捏(こ)ね、径30cmほどの薄い円状に延ばしたものを鍋の底のような鉄板で焼いたもの。乳製品は、山羊や羊からとったミルクでつくったヨーグルトやチーズです。結婚式や特別な日、客人をもてなす場合だけ、自分たちの山羊や羊、鶏などをを処分して食卓に供します。ムスリム(イスラーム教徒)である彼らが処理した肉は、ハラール(イスラームの戒律に従って正当な処理を施された食べ物)として彼らも食することができます。

● 遊牧民の結婚式

冬が終わり、イランの新しい年を迎えるノウ・ルーズ(新年=春分)を過ぎると、やがて夏営地への大移動が始まります。そして夏営地に落ち着く、 5−6月のもっとも素晴らしい季節、遊牧民の結婚式がよく見かけられます。ガシュガーイー族の結婚式は略奪婚の名残を留めるもので、伝統的に女性たちの間で結婚の取り決めが行われて、式の数日前に花嫁とその家族に通知され、花婿の家族が迎えに行き花嫁を「連れ去る」というプロセスで行われます。結婚式は数日にわたって続き、連日ご馳走が振る舞われ、楽器の演奏に合わせてみんなで踊り明かします。
※ペルシャ及びオリエントの絨毯はすべて手織りで其々、世界に1枚しかない逸品です。カタログでご紹介の商品はほんの一例です。掲載されていない商品も多数ございます。
在庫など商品に関するお問い合わせはEメールにて承ります。